住宅ローン問題

aokia_15b.PNG

ここでは住宅ローンの問題についてご説明いたします。ここで言う住宅ローン問題とは、住宅ローンの返済が困難になってしまうことです。

住宅ローンと一般ローンの大きな違いは、抵当権設定の有無です。住宅ローンの場合には、抵当権が設定されているため、返済を滞納すると、例外なく住宅を競売されてしまいます。
住宅ローンを延滞すると、保証会社がついている場合は、代位弁済」の通知が届き、債権は保証会社に移転します。そうなると、保証会社から借金の一括返済を求められます。

これは、住宅金融支援機構の場合も同様で、債権回収会社から一括支払の請求がきます。

さて、借りているお金を一括で全額支払いを求められても、大半の方が対応できません。そこで、代位弁済した保証会社や債権回収会社は、直ちに裁判所に競売の申立てを行います。申立てされると、抵当権のついている住宅は、差し押さえられ、自由に売却等ができない状態になります。

そして、裁判所から競売開始決定の通知が郵送されてきます。

その後は、裁判所から執行官が自宅の現況調査に来ます。さらに、この流れで売却の日も決まってしまいます。こうした流れになると、残された手段はほとんどありません。

したがって、住宅ローン問題は、早期に専門家に相談しましょう。早ければ早いほど、自宅を手放さなくても住宅ローン返済を進めていく選択肢が残されます!


 

 

もっと詳しく調べたい方はコチラをご覧ください▼▼

■ 宅ローンの問題
■ 住宅ローンのリスケジュール
■ 住宅を手放さない個人再生
■ 住宅を残すためには 
■ 債務整理後の住宅ローン

 

■ 債務整理 4つの方法
■ ブラックリストとは
■ 過払い金請求とは
■ 任意売却とは
■ 競売とは